HOME > コールセンター ストレスマネジメント講座
講座紹介 l 受講対象者 この講座を受講すると・・・講師紹介 開催スケジュール/タイムテーブル
l 定員/受講料受講者の声
受講お申し込みフォーム FAXによるお申し込み
コールセンターストレスマネジメントは、品質向上にかかわる重要な課題です。コールセンター特有のストレス原因、ストレス反応を知り、ストレスとの良い付き合い方を教育することは、離職率低減やうつ傾向防止に役立ちます。
本講座ではストレスマネジメントの基礎知識の他、コールセンターストレス測定方法、組織的なストレス低減策事例を取り上げます。センターですぐ実施できるトレーニングの実践や、グループワークを通じて、自社センターに合ったワークケアを考えるための基本知識を学んでいただきます。スーパーバイザーやトレーナーなど、スタッフの管理・育成に直接関わる方のご参加をお待ちしております。
・ スーパーバイザーやトレーナーなどスタッフ管理・育成に直接携わる方
・ 離職率・ストレス低減対策にお悩みの方
・ ストレスマネジメントの基礎知識を習得したい方 など
▲up
1. コールセンター特有のストレスマネジメントの基礎知識を学ぶ。
2. トレーニングの実践やグループワークを通じて自社センターで実践できるストレス低減策を体感する。
3. ストレス低減策の効果測定の必要性を理解し、自社センターで実践できる内容を検討するアクションリポートを作成し、現場でのトライアルにつなげる。
▲up
テレマーケティング会社二社を経て、現職。大手企業・官公庁のコールセンター設立・改善・人材育成に携わる。2008年より大学・研究機関とコールセンターに特化したストレスマネジメント研究を開始。研究成果をコールセンターストレス測定、ストレス低減策としてストレスに悩む現場担当者に提供している。
▲up
▼ 2017年
7/4(火) 日本マンパワー(東京都)
11/8(水) 日本マンパワー(東京都)

  内 容
10:00

1) スケジュール説明
 1. 講座の目的と進行スケジュール
2) ストレスマネジメントの基礎知識
 1. ストレスとは
 2. ストレスはあるべきもの
 3. ストレスはなぜ問題なのか
 4. ストレス測定 (ライフイベント法による測定)
 5. ストレス対処方法 (KJ法によるグループワーク)

12:00 昼食(各自)
13:00 3) コールセンター特有のストレス
 1. ストレスプロフィール
 2. コールセンター特有のストレス原因・ストレス反応 (ディスカッション)
 3. コールセンターストレス測定 (測定事例・疲労度測定体験)
4) コールセンターストレス低減策
 1. 体、行動、心へのアプローチ策
 2. ストレス低減策事例〜「自由」を作る〜
   - シフト・休憩・コミュニケーション、研修、アサーション、禁煙等
 3. リラクセーショントレーニング実技
5) アクションリポート作成
6) 質疑応答

17:00

終了
▲up
 
定員 会員 一般
24名
(最少催行人員10名)
17,280円
(うち消費税1,280円)
27,000円
(うち消費税2,000円)
※いずれも振込手数料はご負担ください。

※ 講座の開催確定後、「請求書」と「参加証」をお送り致します。
※ 受講申し込み後のキャンセルは講座開催の10日前までにご連絡下さい。
  それ以降のキャンセルはお受けいたしかねますので、代わりの方の参加をお願いいたします。
※ 最少催行人員に満たない場合、講座を中止とすることがありますので、あらかじめご了承下さい。
  中止の場合は10日前までに事務局よりご連絡いたします。

定員の空き状況やご不明な点につきましては、下記までお電話下さい。
 電話:03-5289-8891
▲up
 
【理由】
難しい印象があったものの、基礎や根拠から学べ楽しみながら取り組むことができた。
見知らぬ横文字の表現などもその場で解説していただけたのが良かった。
ストレスの意味合いを理解していなかったことに気づいた。
ストレスはない方がよいという概念があったのですが、上手につきあっていきながら、数値化しどう軽減させるべきかといった一連の講義が解った。
【活用できる内容】
部下やコミュニケーターの面談の時に今日の内容を試しに活用してみたいです。
ストレスはとにかく低減することばかり考えていましたが、本来はあった方が良いものであることに気づけて良かったです。
スタッフさんのストレスを図る知識がなかったので、職場にて活用したいと思います。
コストをかけずに明日から実践できる内容が多かった。
 
【意見・感想】
内容も参加型で、とても楽しく受けることができました。
自社に戻って早く共有したいと思ったから。
他の企業の方々と話す機会がたくさんあり、とても参考になることや気づきにつながることが多かった。
様々な業界のコールセンタースタッフとの共感が多かったこと、次の日からでもできそうな軽減方法も見つかりました。
 
▲up