• HOME >
  • 出版・調査 >
  • CCAJ News(最新号)

CCAJ News

CCAJ News

CCAJ Newsは、毎月会員向けに発行している協会報です。テレマーケティング業界の動向から、CCAJの活動報告まで旬な話題をお届けしております。


● 「CCAJ News」では広告のご出稿を募集しています。ご案内資料につきましては、協会事務局までお問い合せください。
● 2005年以前のCCAJ Newsをご希望の方は、協会事務局までお問い合せください。


働き方改革や優秀な人材の確保などの効果から期待されてきたテレワークですが、今般の新型コロナウイルス感染症対策において、在宅を中心とするテレワークは、BCPと従業員の安全・健康の観点からも重要であるとの認識が深められています。一方で、緊急時におけるコールセンターの役割は大きく、社会基盤維持のためには不可欠な存在でもあります。コールセンターを維持するためのテレワークの導入は、社会の要請といえるのではないでしょうか。
 そこで、2020年2月発行の275号に引き続いて『コールセンターにおけるテレワークを考える』と題した特集をお送りします。今回は、会員企業が提供する在宅勤務に適したソリューションを中心にご紹介します。

詳細は、CCAJ News 5月号 [Vol.278] をご覧ください。

CCAJ News 最新号 ダウンロード

CCAJ News 5月号 [Vol.278] CONTENTS


(6.3MB) コールセンターにおけるテレワークを考える②
在宅勤務(ホームエージェント)を実現するソリューション
働き方改革や優秀な人材の確保などの効果から期待されてきたテレワークですが、今般の新型コロナウイルス感染症対策において、在宅を中心とするテレワークは、BCPと従業員の安全・健康の観点からも重要であるとの認識が深められています。一方で、緊急時におけるコールセンターの役割は大きく、社会基盤維持のためには不可欠な存在でもあります。コールセンターを維持するためのテレワークの導入は、社会の要請といえるのではないでしょうか。
 そこで、2020年2月発行の275号に引き続いて『コールセンターにおけるテレワークを考える』と題した特集をお送りします。今回は、会員企業が提供する在宅勤務に適したソリューションを中心にご紹介します。
コンタクトセンターQ&A
Q:クレーム応対法について指導するとき、テレコミュニケーター(以下TC)に対してお客様の話を傾聴するように伝えています。TC は指導した手順通りに応対を進めているのですが、いつも同じようなトークになっており、共感の姿勢が伝わってないように感じられます。効果的な指導方法を教えてください。

回答者:中尾 知子 氏 / 株式会社JBM コンサルタント執行役員 主席講師
CCAJのWebサイトをリニューアルしました!~会員専用ページにもお得な情報が追加されました~
新年度がスタートした2020年4月1日に、協会Webサイトをリニューアルしました。
社団法人日本テレマーケティング協会(JTA)から、一般社団法人日本コールセンター協会(CCAJ)として名称改め新たな歩みをはじめた2012年1月に協会Webサイトをマイナーチェンジしましたが、今回はデザインやレイアウトを一新し、新たなコンテンツを追加するなど、情報発信の強化に努めました。
ぜひ新しくなったCCAJ Webサイトをご活用ください。
CCAJ News TOPICS
・Message From CCAJ
・「会員ニュース」ページのご案内
CCAJ News バックナンバーはこちら


「CCAJ News」読者アンケートを実施中!感想・ご意見・ご要望をお聞かせください。
「CCAJ News」では広告のご出稿を募集しています。ご案内資料につきましては、協会事務局までお問い合せください。
2005年以前の協会報をご希望の方は、協会事務局までお問い合せください。